幼児教育

言葉を覚えるプロセスと話す力を伸ばすコツとは?

言葉を話す

 

おなかが空いて泣くことしかできなかったわが子・・・
「あー」「うー」「くー」と声を出すようになったと思ったら、
いつの間にか教えてもいないのに、言葉を話すようになる。

このプロセスは、実に不思議なものだ。

こういった経験を味わえるのも、育児に携わることができる
主夫の喜びだろう・・・

今回は、Newsweek日本版の『0才からの教育』の中から、

  • 言葉を紡ぐ神秘のプロセス
  • 話す力を伸ばすコツ

について記事にしてみました。

主夫育児は、わが子の言葉の成長を楽しみながら、
やりたいですね!

 

 

言葉を紡ぐ神秘のプロセス

 

運動能力と同じく、言葉の発達にも個人差がある。

しかし、2歳になっても1つか2つの単語しかでない、簡単な物語や歌に耳を傾けないという場合は、
聴力や脳に問題があるかもしれない。専門家に相談してみよう。

 

0~3ヵ月

 

物音や人間の声に反応する。
笑ったり、泣いたりする。
「あー」「うー」「くー」などの声を出す。

 

4~6ヵ月

 

「ばぶばぶ」「なんなん」などの喃語(なんご)が出はじめる。
興奮したり、不快なときには声を出して表現する。
機嫌のいいときに、喉をごろごろと鳴らす

7~12ヵ月

 

「アップアップ」「ビビビ」などの繰り返し音を出す。
いろいろな音声をまねする。
明瞭ではなくても、「バイバイ」「ママ」などの言葉を1つ、2つ話す。
「だめ」という言葉に反応する。
「いないいないばあ」のような相手のいる遊びを楽しめる。
指さしや身振りで、欲しいものを表現する。

1~2歳

 

1歳半までに語彙は50ほどになる。
2歳児が話す内容の50%は、見ず知らずの他人が聴いても理解できる。
「パパきた」といった2語文を話し始める。

2~3歳

 

3歳児が話す内容の75%は、他人にも理解できる。
3歳までには、質問と答えという会話ができるようになる。
短い文をたくさん話す。

3~4歳

 

4歳児が話す内容の90%は、他人にも理解できる。
「なぜ」とよく尋ねる。
整った文を話すが、「スパゲティ」「アルミニウム」などの
長い単語はまだ苦手。

 

話す力を伸ばすコツとは?

 

ほとんどの子どもは、言葉を覚えるのが得意中の得意。

親が必死にならなくても、自然に話せるようになる。

それでも専門家によれば、話す力を伸ばしてやるためのポイントはいくつかある。

生まれた直後から話しかける

 

デラウエア大学のロバータ・ミチニック・ゴリンコフ教授(教育・心理・言語学)
によれば、話しかけられた赤ちゃんは常にその言葉を分析している。

早い時期から子どもとの「対話」をスタートしよう。

生まれた直後から、絵本を読んできかせる

 

赤ちゃんは読み聞かせをとおして単語を覚える。

それに子どもは、絵を見たり、親の声を聞くのが大好きだ。

少し大きくなったら、本の中の絵を指さして
「どうしてこの子は悲しそうなの?」
「次はどうなるの?」と聞いてみよう。

ゴリンコフによれば、子どもは絵本の話を通じて物語の構造を学ぶ。

子どもが関心を示すものについて話すこと

 

興味の対象を一緒になって楽しもう。

お手本を示す

 

全米スピーチ・ランゲージ・ヒアリング協会のダイアン・ポールのおすすめは、
子どもが使う言葉よりも少し高度な言い方で話すこと。

ただし、理解できないほど難しい表現は避ける。

例えば、子供が「ボール」と言ったら、「ボールを投げられる?」とか
「ボールを蹴られるでしょ」と聞き返す。

子どもの語彙を増やすには、動物の名前や体の部位などの身近な単語を教えるといい。

言葉遊びとお話が効果的

 

2~5歳の子は、韻を踏む言葉遊びや童謡が大好きだ。

それによって言葉と音の構造を理解できるようになる。

高級な教育玩具やゲームは不要

 

ウィスコンシン大学マディソン校のジェニーサフラン教授(心理学)は、
「赤ちゃんはどんな玩具より、親を見たり親の歌を聞きたがる」と語る。

テレビは受動的に見ているだけなので、会話能力の発達には役立たないという。

親がリラックスすることも大切

 

親が子どもの発達プロセスを楽しめば、子どもも楽しむ。

認知神経科学者のローラアン・ベティット教授によれば、
子どもが話そうとしたら、キスなどのご褒美をあげるといいらしい。

何より大切なのは、少しぐらい発達が遅れていても悩まないことだ。

 

いかがでしたか?

子どもが言葉を話せるようになるのに、
大きなお金はいりません。

親の愛情が何よりも大事!

ぜひ、「絵本の読み聞かせ」や「言葉遊び」などで、
楽しみながら、主夫育児をがんばりましょう。

-幼児教育

Copyright© 主夫の道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.