育児

主夫におススメ!赤ちゃんが泣きやむ4つのポイント

赤ちゃんを泣くやませるのに一苦労・・・ 赤ちゃんの泣きで、毎日ストレスがたまる もう限界、泣きやませるにはどうしたらいいの?

子育て主夫のあなた・・・
そんな毎日を送っていませんか?

そこで・・・

赤ちゃんの泣きやませについて、
「ひよこクラブの2019年2月号」の「コテンと眠るピタッと泣きやむ-最強ワザBOOK-」
を参考に記事にしました。

  • 泣きたい気持ちに寄り添う
  • 声掛けやスキンシップで安心させてあげる
  • パパ・ママ自身がリラックスする
  • 気持ちが切り替わるテクニックを使う

興味のある主夫は、ぜひ読んでみてくださいね!

 

 

泣きたい気持ちに寄り添う

 

まだ言葉を話せない赤ちゃんは、泣くことで自分の思いを伝えようとします。

あなたは冷静にその気持ちに寄り添い、まずは「どうしたの?」などと話しかけ、
抱っこなどでぬくもりを伝えましょう。

そして、赤ちゃんの気持ちを推測して共感し言葉で表してあげましょう。

赤ちゃんは自分に向き合ってくれていることを大人の表情や声から読み取って安心し、
その繰り返しが愛着関係を築いていきます。

 

声掛けやスキンシップで安心させてあげる

 

赤ちゃんにとって泣くことはコミュニケーションの1つであり、あなたへのサイン。

赤ちゃんが泣いたら、泣き声や表情などから理由を推測し、「〇〇かな?」といったように
声をかけてこたえてあげてください。

抱っこなど安心できるスキンシップも重要。

赤ちゃんのサインに対し、声掛けやスキンシップでこたえてあげることで、
泣きやむだけでなく、「もっと伝えたい!」という意欲もはぐくみます。

 

あなた自身がリラックスする

 

あなた自身が疲れていたり、ストレスがたまっていたりすると、
どうしても赤ちゃんの泣き声にイライラすることが増えてきます。

すると、赤ちゃんはパパ・ママの表情や気持ちにとても敏感なので、
そのイライラを感じ取ってグズグズすることも。

笑顔と優しい気持ちをキープできるよう、家事は最低限にする。

赤ちゃんと一緒にこまめに仮眠をとるなどの体を休める工夫をして
乗り切りましょう。

 

気持ちが切り替わるテクニックを使う

 

赤ちゃんの泣きたい気持ちを受け止めたら、気持ちが切り替わるサポートをしてあげましょう。

普段からグズグズがすぐに治まる方法を探して身につけておくといいでしょう。

赤ちゃんは光や音など、外部からの刺激を与えると、気持ちが切り替わりやすいといわれているので、
違う場所に移動して気分転換をしてあげたり、普段と違う声や表情であやしてみたりしてもいいでしょう。

 

 

いかがでしたか?

主夫のあなたは、声掛けやスキンシップができていなかったりしませんか?
家事・育児・仕事のストレスでいっぱいいっぱいになっていませんか?

そういうところが改善されれば、もっと赤ちゃんの泣きやませができるかもしれませんね。

ときには、外の風にあてたり、赤ちゃんと散歩したりして、
あなたなりの泣きやませ法を見つけてください。

ちなみに、私は、よく夜中でも外の風にあてたり、散歩してます。

一緒に主夫育児をがんばりましょう!

-育児

Copyright© 主夫の道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.