新生児 育児

主夫の悩み「新生児のミルク、どうしても3時間あかない、どうしたらいいの?」

ミルクをあげるのに、3時間はあけないといけないと看護師さんに言われたが、 「3時間もちません、ギャンギャン泣いて、ミルクがほしいー!と叫びます」 もうーどうしたらいいですか?

 

主夫の育児で、こんな悩みを抱えてませんか?

実は「新生児のミルク、3時間あける問題
これって意外と難しいもんなんです。

そこで・・・

  • どうしてミルクは3時間あけなきゃいけないの?
  • 3時間間隔はいつまで続けなきゃいけないの?
  • どうしても3時間あけられないとき、何か方法はないの?

このへんを記事にしました。

この記事を読めば、こんな効果が期待できる・・・かも???

  • ミルクを3時間あけなきゃいけない理由がわかるから・・・がんばれる!
  • 3時間間隔を守る期間、ゴールがみえるから、がんばれる!
  • 3時間間隔が難しい場合の対処法がわかるから、気持ちに余裕ができる!

興味のある主夫は、ぜひ読んでみてくださいね!

 

 

どうしてミルクは3時間あけなきゃいけないの?

 

母乳の場合は3時間あけなければならないといった決まりはありません。
間隔を気にせずに欲しがる分だけあげていいそうです。

でも主夫は、そもそも母乳をあげられない・・・

どうしてミルクだと3時間あけなければならないだろう?

そこには、やはり自然の母乳と、人工でつくられたミルクとの違いがある。

ミルクは母乳と違って人工的に作られたものなので消化吸収に時間がかかることが
3時間あけなければならない理由なのです。

そして、ミルクは母乳に比べて胃への負担も多く、カロリーが高いということも理由の1つ。

主夫である以上、ミルクに頼るしかありません。

だからこそ、ミルクの特長をしっかりと把握して、すべては「新生児の体のため」と思って、3時間間隔のミルクをがんばりましょう!

 

3時間間隔を守る期間、ゴールがみえるから、がんばれる!

 

ミルクの3時間間隔の理由はわかった!
それじゃあ、このきつい「ミルク3時間あける問題」はいつまで続くの?
ゴールが見えないとモチベーションが保てませんから・・・

ミルクを3時間おきにあげるのは、一般的には生後4~5ヶ月くらいまでと言われています。
生後4~5ヶ月くらいになると、一回に飲む量がだんだん増えてきて間隔もあいてきます。

その後生後6ヶ月前後には離乳食が始まりますので、
徐々にミルクをあげる量も減ってきます。

この生後4~5ヵ月が長く感じる主夫も多いと思います。
ゴールはわかったが、まだまだ先が長い・・・

もうがまんの限界・・・

そんな主夫の方もいるでしょう。

そこで、3時間間隔がどうしても難しい場合の対処法はないのか?
そこが一番気になるという方もいるでしょうから、
最後に、3時間間隔ができない場合の対処法をご紹介します。

 

どうしても3時間あけられないとき、何か方法はないの?

 

こでは、どうしても3時間あけられないとき、どうしたらいいのか?
切実なミルク3時間あかない問題の対処法を4つご紹介します。

1.抱っこしてあやす

 

「いまさら・・・」と言われそうですが、基本中の基本の「抱っこ」です。
これは新生児にもよると思いますが、抱っこが好きな新生児であれば、これで十分時間が稼げます。

ただデメリットは、長くなってくると、体力的にキツイ!
ましてや、深夜のキツイときは、ほんと「勘弁してくれよ・・・」という気持ちになります。

 

2.外の風にあてる

 

新生児1ヵ月あたりからは、少しずつ外に出ても大丈夫。
外の風にあてることによって、新生児の気分が変わり、
気持ちよく過ごしてくれることも・・・

3.あらかじめ奥さんに母乳をつくっておいてもらう

 

奥さんにあらかじめ搾乳しておいてもらい、それをどうしても3時間もたないときに
あげるという手があります。

母乳ならいつでもあげていいのですから・・・

4.ミルクを飲ませる

 

3時間あかなくても、1日の総量が少ない場合には、飲ませるのもありです。
1日の中でもよく飲むときと、飲まないときがあったり、新生児それぞれの
ペースがあります。

どうしようもないときは、もう飲ませてしまうのもありです。

もし、消化できないときは、吐き戻したりしますが、
あまり気にせずに・・・

 

いかがでしたか?

主夫にとって、ミルクを飲ませたら3時間あけないといけない問題は、
実際にやっている主夫にとってはけっこう深刻な問題だったりします。

「新生児の消化のため」でありますが、あまり神経質になりすぎると、
ストレスがたまり、主夫の日常生活に支障が生じます。

「どうしても難しいときは、あげたらいい」という感覚も必要ですよ!

新生児もどんどん成長していきます。
必ず育児が楽しくなってくるときがありますので、
「今がふんばりどころ」と思って、お互いがんばりましょう!

ちなみに、わたしは「はいはい」のミルクを飲ませてます。安いので(笑)
↓    ↓     ↓    ↓

和光堂 レーベンスミルク はいはい810g×2缶パック (おまけ付き) 粉ミルク [0ヶ月から1歳頃] ベビーミルク DHA・アラキドン酸配合

新品価格
¥3,590から
(2020/3/20 13:08時点)

レーベンス ミルク はいはい(810g*2缶入*4コセット)【はいはい】[粉ミルク]

価格:14,200円
(2020/3/20 13:14時点)
感想(226件)

-新生児, 育児

Copyright© 主夫の道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.