育児

主夫の悩み「赤ちゃんを泣きやませるにはどうしたらいいの?」

赤ちゃんが泣くのは当たり前。

でも・・・

 

わかっちゃいるけど、つらいのよ!

 

これが主夫の本音・・・

 

「泣きをやませるには、どうしたらいいの?」 「もう、助けて~!」

 

という主夫の心の声・・・

もしかして、「泣く理由」「泣きの種類」を知ることで、赤ちゃんの泣きを受け入れられる、
そうすれば、もっとストレスなく育児ができる、

私は、そう思いました。

そこで・・・

赤ちゃんの泣きやませについて、
「ひよこクラブの2019年2月号」の「コテンと眠るピタッと泣きやむ-最強ワザBOOK-」
を参考に記事にしました。

  • よく泣くのは赤ちゃんがパパ・ママに伝えたいことが多いから
  • 泣きやまないのは、まだ不快や不安をパパ・ママが解消してあげられないから
  • 成長とともにおきる泣きを知っておこう

興味のある主夫は、ぜひ読んでみてくださいね!

 

 

よく泣くのは赤ちゃんがパパ・ママに伝えたいことが多いから

 

言葉が話せない赤ちゃんにとって、泣くことはコミュニケーションのひとつ。

欲求や気持ちを伝えようとしています。

泣いたらまずは「どうしたの?」と声をかけ、泣いている理由を考えてみましょう。

初めは理由がわからなくても、泣くたびに対応することで、何を伝えたいのかがわかるようになってきます。

また、その繰り返しで親子の絆が深まり、豊かな人間性もはぐくまれていきます。

 

泣きやまないのは、まだ不快や不安をパパ・ママが解消してあげられないから

 

不快の原因を探って対応しても泣きやまないときは、
別の不快がまだ解消されていないかも。

また、解消しても泣きやまないときは、
あやすなどして気をそらしてあげることも必要です。

泣きをネガティブにとらえがちですが、
泣きの原因を探り、笑顔にさせることは育児の醍醐味でもあります。

「泣いても大丈夫」とおおらかに構えましょう。

 

主な不快の原因は・・・

 

  • おなかがすいている
  • のどが渇いている
  • 眠い
  • おむつが汚れている
  • 暑い、寒い
  • 衣類がチクチクする
  • ミルクのあとのゲップが出なくて苦しい
  • パパ・ママと離れて不安

こんなときは受診を・・・

 

  • 発熱がある
  • いつもとは違う異常な泣き方をする
  • 顔色がいつもと違う
  • 手足に動かしがらない部分があり、触ると痛そうにする
  • 呼吸が苦しそうに泣く
  • ミルクの飲みが極端に悪い

体に異変が起こっていたり、具合が悪いときは、いつもと違う泣き方をして
パパ・ママに知らせることがあります。
赤ちゃんの様子や泣き方が、普段と明らかに違うと感じたら、
かかりつけ医などを受診しましょう。

 

成長とともにおきる泣きを知っておこう

 

赤ちゃんの成長とともに起きる泣きには、
生理的な泣きと本人の意思を伝える手段としての泣きがあります。

 

たそがれ泣き

 

夕方になると機嫌が悪くなって泣き始め、不快なことを取り除いても泣きやまない状態は
「たそがれ泣き」といわれています。

個人差はあるものの、3か月ごろに始まり、6ヵ月ごろには自然とおさまる子が多いようで、
しない子もいます。

原因は明確にはわかっていません。

 

寝ぐずり泣き

 

0才代の赤ちゃんはとくに睡眠サイクルが未発達でスムーズに寝つけないため、
眠くなるとグズグズと寝ぐずり泣きをすることが。

昼夜の区別がつき始めたら、毎日の早起き、早寝を心がけるとしがいに
おさまっていくでしょう。

寝ぐずりは眠いサインなので、安心して眠れる環境を準備しましょう。

 

夜泣き

 

夜泣きは、赤ちゃん特有の体内リズムと睡眠サイクルが未発達さが主な原因
と考えられています。

6ヵ月ごろから1才6ヵ月ごろに多く、4才ごろまでにはおさまるようです。

睡眠サイクルがなんらかの原因で崩れたり、怖い夢を見て覚醒状態になることで
1才を過ぎて始まる子もいます。

 

人見知り泣き

 

人見知り泣きは、6~7か月ごろから始まることが多く、知っている人と知らない人を
区別できるようになったり、身近にいる人以外に不安を感じます。

泣いてパパ・ママを求めることも少なくありません。

一般的には8~9か月ごろにピークを迎え、1才6ヵ月ごろにおさまってくるといわれています。

 

後追い泣き

 

後追いは、パパ・ママへの愛着がより強くなることで、9~10か月ごろから始まります。

離れようとすると「おいていかないで!」と声や態度で訴え、中には泣く子もいます。

1才以降は落ち着いてくる子が多いですが、不安が強いと
激しくなる子もいます。

不安な気持ちに寄り添うことが大切です。

 

自己主張泣き

 

1才近くになると、「〇〇したい!」と自己主張が強くなってきます。

それを言葉で伝えられないために泣いて訴えるのが自己主張泣き。

大人の気を引こうとわざと泣いたり、その場の雰囲気で泣き方を変えたりすることも。

気持ちによりそい、何を主張しているのか探ってみましょう。

 

 

いかがでしたか?

月齢によって、赤ちゃんの泣きも違ってきます。
また、一人一人の赤ちゃんによっても・・・

自分の子供の特長、そして一般的な赤ちゃんの状態なども
知っておくと、赤ちゃんの泣きをより受け止められるのではないでしょうか?

主夫のみなさん、一緒に主夫育児をがんばりましょう!

-育児

Copyright© 主夫の道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.